Organic cotton knit wear / GROWN

こんにちは。SOROR姉です。

皆さん、週末はどうお過ごしでしたか?

我が家は、
久しぶりにマーケットに行ってきました。
こちらは週末になると様々な場所で、
マーケットが開かれます。

(人が写らないようにと写真を撮ったら・・・いったい何の写真か分かりませんね。笑)

新鮮な野菜に果物、珍しいお花や植物、
古本、骨董品やハンドメイドのもの達。
とにかく、もう何でも売っています。笑

日本と違って、
デパートもショップも選択肢が少なく、
どこに行っても売ってる物は同じ、
なかなか気に入ったものに巡り会えませんが、
こういうフリーマーケットでは、
一点ものの素敵な出会いがあります。
(ちなみに今回は収穫なしでした。笑)

同じ場所に行っても、
毎回一期一会、
宝探しのようにワクワクします。


正直、こちらに来る前は、

セカンドハンドにはあまり興味がなかったのですが、
最近では中古品ショップでお気に入りを探すことが
楽しみの一つになりました♩

「Reuse」も
大切なサスティナブルの取り組みですよね。

 

と、またまた前置きが長くなりましたが・・・

 

今日は新しくお取り扱いを始めた
“GROWN”についてご紹介したいと思います。

GROWNは、オーストラリア、ビクトリア州出身の
一児の母“サラ”によって、2019年に設立されました。

新生児からキッズ向けのニットレーベルGROWNは、
ほとんどのお洋服がGOTS認証を受けた
100%オーガニックコットンで作られています。

また、天然で持続可能な
環境に優しい繊維のみを使用しており、

論理的な生産慣行に重点を置いた
小規模な生産を行っています。

GROWNが一番拘っている部分は、
“Organic cotton”であるということ。

 オーガニックの主な利点は、
作物が農薬、殺虫剤、除草剤、GMO(遺伝子組み換え)
で処理されていないことです。
これらの毒素は、農民や労働者、
消費者としての私たち、
そして野生生物の生態系全体に有害です。

オーガニックコットンは、
製造時に通常のコットンよりもはるかに少ない水を使用します。
また非常に耐久性があり、通気性にも優れています。

つまり、
地球環境や製造工程、また素材の特性、

全てにおいて、利点がある素材なのです。

衣料産業は、
世界で最も汚染されている産業の1つであり、
GROWNが、ポリエステル、ナイロン、アクリルなどの
合成繊維を衣服に使用しない理由です。
これらの素材は分解するのに数百年かかるためです。

GROWNは、
一回着たら終わりではなく、
次の子や世代に受け継ぐことが出来る、
高品質の衣服を作ることに焦点を当てているのです。

お出かけの際のお洒落着に、
GROWNのオーガニックニット♩
是非いかがですか?

サイズアウトしてしまったら、
リサイクルショップや、フリマ、
下の子やご近所の子に。

GROWNは
ユニセックスデザインを基本としているところも
魅力的ですね。

詳しくはサイトにてご確認ください☺️

完売商品も出てきました。
ご購入はお早めにどうぞ♩

 

SOROR