KINOMI / Flower Vase

こんにちは。SOROR姉です。

もう10月も終わろうとしていますね。
皆さん、どうお過ごしですか?

 

今日は少し、
こちらの生活について書いてみようと思います。

 

NZに引っ越してきて、
まだ2年も経たない私たちですが、
韓国にいた時のライフスタイルとは
大きくぐんと変わりました。

悪く言えば、刺激がない、(笑)
良く言えば、ゆっくりとした豊かな生活?でしょうか。

 

週末の家族のお出かけは
ショッピングモールから公園や海に。

(韓国では空気が悪い時期が多く、お外遊びが自由にできないこともありました)

週に何回かは外食していたのが、今はほぼ外食ゼロ。
(韓国は毎回自炊するよりも、週に何回か外食する方が安かったりするんですね。ちなみにここでは外食はとーっても高いので、頻繁にはできません。涙)

お洒落をして出かける場所もなくなり、
お洋服も全く買っていません。

また、韓国でのアパートの暮らしから、
一軒家の暮らしになったので、
おうちで過ごす時間がかなり増えました。
(韓国ではアパートが一般的です。おうち時間が増えたのはコロナの影響もありますね)

庭でキャンプしたり、
たまに良い食材を買って、
ゆっくりと料理をして食べたり、
家族でティータイムを楽しみ、
家庭菜園も始めてみたり・・・

刺激的で、楽しかった韓国生活が
恋しい時もありますが、

歳を重ねた「今」、
ようやく日々の「暮らし」を
愉しみ始めている気がします。

洋服や娯楽の出費が減り、
その代わりに
「家で居心地良く暮らすため」に、
お金をかけるようになりました。

 

しばらくは大きな引っ越しもないだろう!と、
最近は花瓶やお皿などを少しずつ集めています。

ダイニングテーブルの上に、
空の小さな花瓶を置いておくと、
子供たちが下校中に積んだ花を、
「お土産だよ〜」と、
ちょこんと入れてくれます。

握り締めて持ち帰ってきたであろうそのお花たちは、
いつも少しぐったりとしています。笑

そんな姿のお花がとても愛らしく、
また日々の食卓に少し彩りを与えてくれます。

そんなお花を囲みながら、
持ち帰ってきたお花の話をしたり・・・
お花で生まれる、
ちょっとした心のゆとり。

今までは気付かなかった
小さな幸せに喜びを感じています。

 

そんな時に見つけたのが、KINOMI

家具工房の端材が小さな植物と出会い、
暮らしにささやかに溶け込むオブジェに
生まれ変わった素敵な一輪挿しです。

アップサイクルプロジェクト企画で生まれたKINOMI
外を歩いていて目に留まった雑草や、
植木や生け花の剪定により
本来は廃棄してしまう枝葉なども
季節に関係なく、
テーブルや棚などのちょっとした場所に
気軽に活けることができます。

日常に一輪あるだけで、
生活に良い流れが入ってくるような・・・
良い気が溶け込むような・・・
とにかく一輪で変わる暮らしがある気がします。

コロンとした形の小さな一輪挿しは
家中どこにでも置けます♩

日常の小さな幸せに・・・
心のゆとりに・・・
お子様との触れ合いに・・・

家具の廃材を利用して作られた
サスティナブルな一輪挿し。

是非、いかがですか?


私も日本から送ってもらうのを楽しみにしています♩

詳しくはサイトにてご確認ください☺️


SOROR