CO LABEL from Denmark

こんにちは。SOROR姉です。

12月に入りましたね。
クリスマスプレゼントはもう決めましたか?
準備は整いましたか?
我が家は先日のBlack Fridayに
子ども達ご希望のプレゼントをバッチリと買い揃えました♩笑

 

さて今日は先日やっと!デンマークから到着した、
CO LABELについてご紹介したいと思います。可愛いお洋服や雑貨ブランドがとにかく多いデンマークですが、CO LABELは可愛いだけではなく、地球、環境のことを考えたお洋服ブランドです。

まず最初に、
彼らが考える「子どもたちに必要なお洋服」とは、
“シンプル且つ着ていて着心地が良いもの”。
そして、
“動きやすく成長する余地のあるゆったりとしたもの”
であるということ。

また「母親にとっての必要な子ども服」とは、
“買い替えが少なく、少しでも長く着られるもの”
であるということ。

トレンドに流されることなく、
常に“動きやすさとクオリティ”
に焦点を当てながら、お洋服作りをしています。

そんなCO LABELが一番時間を費やすのは素材探しだと
創業者 My Seline von Appen Kellerは言います。
ほぼすべての生地は、
ヨーロッパ(イタリア)の近くで織り、洗濯、染色されており、公正な労働条件の熟練した職人によって縫われています。
素材をすべて自国の近くで生産することは
「衣類のマイル」を減らし、
輸送で排出するCO2を抑える為だそう。

時間をかけて、丁寧に探した素材は
30回以上の洗濯後でも、非常に柔らかく、通気性があります。
また1シーズンで終わることなく、
兄妹や姉妹へと継承できる耐久性のあるお洋服なのです。

最後に、
CO LABELが大切にしていることは、
さまざまな肌のパレットや体の形にマッチする
ニュートラルカラー且つデザインであるということ。
服が本当に再利用可能であるためには、
ユニセックスであるべきだと考えています。

シンプルなデザインとスタイルでありながら、絶妙なカラーと、コーディネートを十分に楽しめるミニマムなラインナップ。

 SORORのフィロソフィーでもある、
“良いものを少しずつ”
そんなことを思いながら選んでいただきたい、
CO LABELのお洋服達。

彼女の洋服と地球への愛情が詰まっています♩

サイトにて販売開始いたしました♩
詳しくはサイトにてご確認ください。

 

SOROR